It's the only NEET thing to do.

スポンサーサイト


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円のオプション取引、一段の円高を示唆-為替介入観測でも


 

  11月30日(ブルームバーグ): 円相場が対ドルで14年ぶりの高値に上昇したことを受けて財務省が円高阻止に向けて適切な対応を取る姿勢を表明した後も、オプションのトレーダーは円高予想を強めている。

  ブルームバーグの集計によると、円を対ドルで買うオプションは先週、ドルを対円で買うオプションに対するプレミアムが2.1ポイントに上昇した。ブルームバーグが集計したオプション関連のデータによると、来年3月末までに円が1995年7月以来の高値である1ドル=84円83銭を突破し、84円50 銭に上昇する確率は80%に上昇した。

  藤井裕久財務相は27日、適切な対応を取るとした上で、欧米諸国の通貨当局と連絡を取る可能性を表明。当局が2004年以来初めて為替市場介入に動くとの観測が広がった。円は4月6日以来、対ドルで14%上昇しており、ソニーやトヨタ自動車に至る輸出業者の業績の脅威となっている。

  ドイツ銀行の為替ストラテジスト、ヘンリック・グルベリ氏(ロンドン在勤)は「現在のドル・円相場は一方向への大きな動きに乗ろうとする取引にかなり左右されている」とし、「現時点で日本は景気への刺激という面で海外からの需要が必要だ。実体経済が今のような脆弱(ぜいじゃく)な状況にある時に、大幅な円高はタイミングがあまりよくない」と指摘した。

  円相場は27日に1ドル=84円83銭に上昇。その後のニューヨーク時間帯の取引で、86円53銭で終了した。円相場の月初来上昇率は4.1%と、金融危機がピークだった昨年12月以来の急ピッチ。4月時点では100円99銭だった。

           円売り介入の可能性

  バークレイズのアナリストらは顧客向けリポートで、当局者の口先介入で円高を抑制できない場合、日本政府・日銀が円売り介入に動く可能性は高いと予測した。日本経済は輸出が占める割合が約12%と、米国の6%より高い。

  ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルのジェンズ・ノードビグ氏(ニューヨーク在勤)は「介入の駆け引きが活気づいている」とし、「相場が80-85円の間で介入の可能性は相当高まる。明らかにこれは問題のある水準で、多くの輸出業者はこの水準前後で多大な痛みを感じている」と指摘した。同氏は、円が来年初めに1ドル=83円まで上昇する可能性があると予想している。
スポンサーサイト

【東方】Bad Apple!! PV【影絵】


 





【うp主コメ】例の元ネタ様(nm3601701)を影絵風にしてみました。 イメージや構図は先人様方からお借りした部分が多々あります。 おんせんは、致命的な理由(服が無いと誰だか分からなくなる)により断念しました・・・

Nikoniko FX

円売り介入・G7緊急声明も、政府に危機感


 

  11月27日(ブルームバーグ):約14年ぶりとなる円高・ドル安に直面し、円売り介入に対する政府の姿勢は「着実に」変ってきた-。バークレイズ銀行東京支店の山本雅文チーフFXストラテジストは、景気減速を懸念する鳩山由紀夫内閣が7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)による緊急声明に漕ぎ着け、2004年3月以来となる円売り介入に踏み切る可能性もあると予想した。

  山本氏は26日夕のインタビューで、円高が加速すれば「株安・景気減速を通じ、支持率の低下をもたらしかねない。来夏に参院選を控え、容認は考えにくい」と述べた。ドル全面安に歯止めをかけるには「主要国による協調介入が有効だ」と指摘。ドル安進行は米株式・債券市場を動揺させる恐れもあるため、昨年10月のようにG7の緊急声明を出し、協調体制の下で日本が先行して単独介入する手があると語った。

  政府・日銀は2004年3月16日を最後に、為替市場介入を実施していない。G7は昨年10月27日、米証券リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破たんをきっかけとした金融危機を背景に急激な円全面高が進む中、「円の過度の変動」と経済・金融の動揺を懸念する緊急声明を発表した。

  山本氏は、政府はデフレ宣言に続き、過度の円高に対する危機感を正式に表明すべきだとも主張。日本銀行が一段の金融緩和に積極的でなく、財政支出の拡大にも限度があるため、「為替政策で対処するしかない」と話した。介入すれば「円高抑止の効果はある」と強調。円の大幅な押し下げは難しいが、実施しないと円高が加速すると解説した。

          1ドル=85円が焦点

  山本氏はまた、27日に再度行ったインタビューで、政府が円売り介入を実施する可能性が高い水準として、「1ドル=85円を再び大幅に超える円高・ドル安が進んだ場合」と予想した。

  米金融緩和の長期化観測に、中東を基点とした金融不安も加わり、円の対ドル相場は27日に一時、84円83銭まで上昇。1月に記録した年初来高値を更新し、1995年7月以来14年4カ月ぶりの円高・ドル安水準をつけた。その後は介入警戒感もあり、同日の上げ幅を消す場面もあった。戦後の円最高値は95年4月19日の 79円75銭。

  ロイター通信は26日午前、野田佳彦財務副大臣が政府は現時点では市場介入を検討していないと述べた、と伝えた。ただ同日午後には、藤井裕久財務相が記者団に対し、円高進行を「極めて注視している」と発言。平野博文官房長官も会見で、円高が加速すれば日本経済への影響は不可避との認識を示した。鳩山由紀夫首相も同日夜、記者団に対し、急激な円高は「望ましいことではない」と語り、景気の二番底を避けるための対策が必要だとの見解を示した。

  藤井財務相は27日午前の記者会見で、米欧の通貨当局と連絡を取り、為替に関する共同声明を出すことも検討する姿勢を示した。古川元久内閣府副大臣は27日午後の記者会見で、政府は急激な円高は「望ましくないとの認識で一致している」と語った。

            基調はドル安

  米金融緩和の長期化観測などを背景に、ドルは全面安の傾向にある。インターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は26日に一時74.170と2008年8月以来の安値をつけた。ニューヨーク原油先物相場は軟調だが、金相場は過去最高値を連日更新。27日は1195ドルに達した。ただ、27日は中東発の金融不安懸念から、円以外の主要通貨に対してはドル高が進んだ。

  米連邦準備制度理事会(FRB)が24日公表した3、4日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録によると、会合参加者は最近のドル安について「秩序立った動き」と指摘。「ドル下落が加速もしくはインフレに大幅な上昇圧力がみられた場合には注視が必要となるだろう」と述べた。

  山本氏は、積極的に円を買う理由は「全くない」が、オバマ米大統領らが事実上求めている人民元相場切り上げに備え、同じアジア地域で流動性が高く売買が自由な円が買われている面もあると指摘。こうした要因で円高・ドル安が進み過ぎないよう、鳩山内閣は注意深く為替政策に取り組む必要があるとも話した。

財務相:共同声明含め欧米と臨機応変に対応協議-円高


 

  11月27日(ブルームバーグ):27日の東京外国為替市場でドル円相場が一時1ドル=85円台を突破するなど急激な円高が止まらないことを受け、藤井裕久財務相は適切な対応を取るとした上で、欧米諸国の通貨当局と連絡を取り為替に関する共同声明を出すことも含めて臨機応変に対応すると述べ、為替介入も辞さない構えを強調した。

  藤井財務相は「このような状況が続くことは異常な状況だ」とした上で、「適切な措置を取ることもあり得る」と述べた。その上で、足元の為替動向を「非常に緊張して注視している」と強調。欧米の通貨当局とのやり取りについても「臨機応変にする」と語った。7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)として何らかの声明を出す可能性についても「それも臨機応変の1つだ」との見解を示した。

  財務相はドル円相場の動きについて、「一方的に偏った動きであることは間違いない」とし、「無秩序な動きに対しては国際金融を安定させるためにも適切な対応を取るのは国際約束だ。当然のことだ」と述べた。ただ、市場介入については申し上げないと語った。

  藤井財務相はまた、円高の影響は「害の方がずっと大きい。それは間違いない。特に過度に動く時は国際金融市場を壊すばかりではなく、その国の経済にも悪い影響を与える」と語った。

          一時1ドル=84円台

  この日の東京外国為替市場では朝方、円が独歩高。ドル・円相場は午前8時すぎから1ドル=86円、85円の節目を次々と割り、一時は84円83銭と 1995年7月6日以来の円高値を記録した。ユーロ・円相場も1ユーロ=129円、128円、127円を割り込み、一時126円91銭と4月29日以来、約7カ月ぶりの水準までユーロ売り・円買いが進行した。

  こうした急激な円高の進行の背景には、米国の金融緩和長期化観測を基づくドルの先安観と、中東の信用不安をきっかけにした投資家のリスク回避姿勢の高まりが円買いを促していることがあるとみられている。中でも、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府系投資持ち株会社ドバイ・ワールドの資金繰り不安が市場の不安心理に拍車を掛けており、ユーロ・ドル相場も一時1ユーロ=1.49ドル台前半までユーロ安に振れる場面が見られた。

  ここ数日の急激な円高の動きに対して産業界からも懸念の声が上がっている。日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長(新日本製鉄社長)は26日の定例記者会見で、「日本は外需を取り入れて成り立っているため、現在の円高の進ちょくは大きな問題」と指摘。政府に対して「金融、財政などあらゆる政策を積極的に講じてほしい」と強く要望した。

  ドル円相場は昨日の東京外国為替市場で、1995年7月以来、約14年ぶりの高値となる1ドル=86円30銭まで上昇したが、急激な円高の流れはロンドン市場などでも加速していた。

          円高というよりドル安-首相

  こうした事態を受けて鳩山由紀夫首相は26日夜、「これは円高というよりはドル安。原因はドルの方に基本的にあるとわれわれは考えている。いずれにしても急激に為替が動くということは望ましいことではないと思っている」と語った。首相は、「財務相中心に何らかのという発想は当然だと思っている」と語った。

  藤井財務相も昨日の時点では、為替相場について「今は慎重に事態を見守っている」とし、「異常な動きがあれば、しかるべき措置を取る」と述べ、介入も否定しない考えを示していたが、市場では足元を見透かされた形だ。

  政府は20日に発表した11月の月例経済報告で、日本経済について「緩やかなデフレ状況にある」と認定した。政府による「デフレ宣言」は2006年6月以来、3年5カ月ぶり。今回の円高加速は、輸入物価の下落を通じてデフレ状況をさらに深刻化させる恐れが出てきており、政府の景気対策に冷や水を浴びせかねない。

         二番底回避へ対策必要

  鳩山首相は昨夜、今後の経済運営については「景気が必ずしもいい状況ではないのに円高になっているということだから、ある意味で非常に難しさがある。その中で適切な経済運営をしていかなければならない」と強調。「まずは景気というものが二番底に陥らないようにしていくための対策を早急に講じる必要がある」と述べた。

  日本の景気は昨年9月のリーマン・ショックと世界的な金融・経済危機で昨年後半から今年初めにかけて急激な落ち込みを示した。しかし、今年4-6月、7-9月の経済成長率は2四半期連続してプラス成長を達成した矢先だ。

  各国で取られた景気刺激策や金融対策は奏功したが、財政・金融面でのそうした臨時・異例の措置は息切れする可能性もある。市場では日本の景気について年明け以降に「踊り場」ないし「二番底」をつける可能性について懸念が強く、今回の円高は景気見通しを一層不透明な状況にしている。

  日銀は金融政策について「極めて緩和的な金融環境を維持していく」方針を示しているが、デフレ宣言や円高加速により、日銀に一段の金融緩和圧力がかかるとの見方も強まりそうだ。

円、対ドルで上昇-東京時間で14年ぶり高値


 

  11月27日(ブルームバーグ):27日朝のロンドン外国為替市場では、円が対ドルで上昇した。東京時間の取引では一時約14年ぶりとなる1ドル=84円台となった。急激な円高を背景に、日本の通貨当局が円売り介入するとの観測が広がった。

  円の対ドル相場は東京時間に1995年7月以来の高値となる84円83銭を付けた後、ロンドン時間午前8時27分(日本時間午後5時27分)現在、86円26銭で取引されている。ニューヨーク時間前日は86円59銭だった。

  円はユーロに対しては1ユーロ=128円09銭(前日は130円03銭)に上昇。一時は126円91銭まで上げ、4月29日以来の円高・ユーロ安水準となった。ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.4854ドル(同1.5019ドル)に下落した。

FXの基礎知識


 

バーチャルトレード


 



  FXを始めようとして色々と勉強している人も多いと思いますが、一度バーチャルトレードをすることもおすすめします。

バーチャルトレードでは仮想のお金を使って、実際の取引と同じ条件でトレード体験をすることができます。

もちろん登録もトレード参加も無料なので、オンラインゲーム感覚で取引するのも良いと思います。

バーチャルトレードなら画面の操作方法を間違えても問題ないので、注文取引の練習もすると良いでしょう。


  また、バーチャルトレードで絶対にした方が良いことは「大失敗」することです。

現実ではできないようなハイレバレッジで思いっきり損失を出してみることも大切です。

ロスカットも経験しておくと、実際にトレードをする時にリスク管理をしっかりとできるようになります。

損失を出すことはまずいと思っている人は、バーチャルトレードで自分の勝ちスタイルを確立してから実際にトレードしましょう。

通貨の種類


 



  FXで取引できる通貨ペアは多く、何十種類もあります。

円との通貨ペアだけでなく、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドルなど、ドルとの通貨ペアなど様々な通貨ペアの取引ができます。

基本は円との通貨ペアの取引となりますが、ドル・ユーロ・ポンドはそれぞれ通貨の特徴が違います。


ドル/円

  もっとも基本的な通貨ペアです。

円は自国の通過なので馴染みがありますし、ドルに関するニュースも多く流れているので、この通貨ペアから始める人が大半です。

ドル/円の為替変動幅は1日1円ほどなので、急激に変化することはあまりありません。

変動幅が少ないので、一気に利益を上げることはできませんが、一気に損失が出ることは少ないので、最初に扱う通貨ペアとしては一番よいです。

ドルは世界の通過の基軸通貨ですので、すべての通貨はドルとの取引が中心となります。

それゆえに、ドルの評判が下がると円高に進む可能性が高く、逆に円安には比較的ゆっくり進む傾向があります。


ユーロ/円

  ユーロは現在、ドルに次ぐ実力のある通貨です。

基軸通貨としてドルが使われていますが、アメリカの経済状況の不安定さを受けてユーロに注目が集まっています。

ドル・ユーロ・円が世界の3大通貨で、為替取引はある通貨で別の通貨を買うことですから、それぞれの通貨の力関係によって変化します。

どの通貨が力を持っており、どの通貨が力が弱くなっているかを見極められれば、大きなトレンドになることができます。

ユーロ/円は、ドル/円よりもはっきりと円高、円安のトレンド(方向性)が出るので、このトレンドに沿った売買をするのがいいでしょう。

ドレンドは数週間程度で反転します。


ポンド/円

  ポンドはハイリスク・ハイリターンの通貨であると言えます。

なぜなら、為替変動が激しく、大きく乱高下するからです。

ドル/円が1日1円ほどなのに対して、ポンド/円は1日3円程度。

初心者は気をつけないと泣きを見ることにもなりかねません。

しかし、変動幅が大きいということは大きく儲けを狙えるので、ポンドには熱狂的なファンがいます。

また、ポンドはトレンドがはっきりと分かる通貨であるとも言われています。

ロスカット


 



  証拠金取引では、取引を維持するために一定水準以上の証拠金が口座に入っていることが条件になっています。

それゆえに、為替の変動で含み損が増えた場合に証拠金が不足するという事態になることがあります。

FX業者によって異なりますが、維持証拠金率が50%を下回ると強制的にポジションが決済されます。

ロスカットはどの業者でも存在し、含み損をそれ以上拡大させないために、良心的に損失を限定してくれる機能とも言えます。

ロスカットがなければ、ハイレバレッジで取引をしていた場合に急激な為替変動が発生したために、多額の借金を抱えてしまうこともありえます。

FXがハイリスクといっても、口座に入金した金額以上に損失がでることはほぼないのです。(テロが原因でドルが暴落した場合は自動決済が遅れる場合がありますが、普段はないと言えます。)

もし、ロスカットになるのが嫌ならば、レバレッジを低くして、証拠金を多くすれば心配は不要です。

収益と損失


 



 FXで収益と損失の要因となるのが「為替差益」と「スワップポイント」です。

スワップポイントは長期投資の場合は重要になりますが、短期投資で考えるならばあまり考えなくてもよくなります。

短期投資で重要なのが「為替差益」です。



 「為替差益」を考えるときにはPips(ピップス)をどれだけプラスにできるかが肝要です。

Pipsとは取引で用いられる最小単位のことで、表示されているレートの一番小さいところにあたります。

円では1Pips=1銭となるので、1円=100Pipsです。

FXでは、「買い」「売り」によってPipsを稼いでいくことで為替差益を得ることができます。

例えば、1ドル=100円の時に1Lot(1万ドル)買い、1ドル=101円になった時に売れば100Pipsプラスになったことになります。

1万ドルの場合1Pipsが100円ですから、100Pipsで10000円のプラスになります。

取引通貨量を増やして、10Lotにした場合は1Pipsが1000円ですから、100Pipsで10万円のプラスになります。

基本は1lot(1万ドル)の1Pips100円として、どれだけPipsをプラスにするのか、取引量を増やして1Pipsあたりの収益を増やすかを考えます。

収益の逆は損失となりますから、Pipsがマイナスとなれば逆のことが生じます。

FX取引で100%の勝率はありえませんから、トータルでPipsをプラスにすることが重要となってきます。

スワップポイント


 



 スワップは「交換する」という意味です。

FXでは異なる通貨間での金利差を受け取ったり、支払ったりすることをスワップといいます。

ドルは円より金利が高いので、ドル買いならスワップ金利の受け取り、ドル売りならスワップ金利の支払いが必要になります。

円の金利は極端に低いので、どの通貨を買ってもスワップ金利が付き、どの通貨を売ってもスワップ金利を支払わなければなりません。

スワップ金利の金額はその通貨ごとの金利差によって変わります。

さらにスワップポイントは、土日を含む365日毎日発生します。

FX業者によって異なる場合がありますが、午前7時のポジションによってスワップポイントが発生します。

FXでは長期間の投資で、じっくりとスワップポイントを稼ぐという方法もあります。

取引単位


 



 FXにおける基本的な取引単位は1万ドル(1ドル=100円の場合は100万円)です。

1通貨や1lotと表現されている場合の単位は1万ドルとなります。

FX業者によっては、1000ドル(1ドル=100円の場合は10万円)や100ドル(1ドル=100円の場合は1万円)単位での小額取引を可能にしているところもあります。



 取引量を大きくすると為替変動による、差益や差損の額が大きくなります。

初めの内は少ない取引量にして、取引に慣れることが重要となります。

自分はどれほどの為替変動なら受け入れられるのか、取引通貨量はどれくらいが丁度良いかを見極めることが大切です。

最初から無理をしすぎて、急激な為替変動によりロスカットが発生して、市場から退場に追い込まれてしまう人もいます。

初めは少なすぎるかなと思えるぐらいをお勧めします。

レバレッジ


 



 FXの魅力と同時にハイリスクと言われる要因が「レバレッジ」を効かすことができることです。

レバレッジは「てこの原理」という意味です。

少ない証拠金で大きな資金をやり取りできる取引を「証拠金取引」といいます。

レバレッジは株の信用取引でも使われていますが、3倍程度が多いです。

しかし、FXでは100倍や200倍、400倍ものレバレッジをかける事ができます。



 例えば、1万ドル(1ドル=100円とすると、100万円)を売買する場合を考えて見ましょう。

レバレッジが1倍の時は、100万円の証拠金で1万ドルの取引をします。

レバレッジが2倍の時は、50万円の証拠金で1万ドルの取引ができます。

レバレッジが10倍の時は、10万円の証拠金で1万ドルの取引ができます。

レバレッジが100倍の時は、1万円の証拠金で1万ドルの取引ができます。

レバレッジが400倍の時は、2500円の証拠金で1万ドルの取引ができます。



 1万ドルの取引をする場合本来ならば100万円必要とするところを、レバレッジを効かせれば少ない資金で取引を行うことができるようなるのです。

高レバレッジが危険と思われますが、FXは証拠金以上に損失が出ることはほぼない(ロスカットがある)ので、限られたリスクでハイリターンを得ることも可能です。

また、低レバレッジで外貨預金のように取引をすることも可能です。

取引時間


 



 FXは、日本時間の月曜日の午前6時から土曜日の午前6時までが取引時間となっています。

ただし、米国が冬時間となる11月から3月までは月曜日の午前7時から土曜日の午前7時までとなります。

この時間内であれば、24時間いつでも取引が可能です。

ゆえに、仕事が終わった夜の時間や出勤前の朝の時間に売買注文を出したり、実際に売買することができるのです。

株取引が午前9時から午後3時までであることに比べると、仕事がある人でも取引チャンスが格段に多くなります。



 24時間取引できる理由としては、世界に時差があるためにマーケットがオープンする時間が違うからです。

ロンドン市場が始まるのが日本時間の夕方3時頃で、ニューヨーク市場が始まるのが日本時間の午後10時からとなっています。

午後10時以降はロンドン市場やニューヨーク市場が重なり、取引量が増えるので、価格の変動も激しくなります。

一方、東京市場が開いている日本時間の午前中などは、どちらかといえば取引量が多くなく、静かな時間帯と言えます。

FXとは?


 



 FXとは外国為替証拠金取引のことで、1998年4月に改正外為法が施行による規制緩和で誕生した金融商品です。

Foreign Exchangeを略して「FX」と呼びます。

外国為替業務が完全に自由化されたことにより、巨額の資金を運用するヘッジファンドや大手銀行だけじゃなく、個人にも参加できるように商品化され生まれたのがFXです。

FXでは、取扱業者(仲介業者・ブローカー)に担保として「証拠金」を預けるかわりに、各国通貨を借りて、それを売買することができます。



 株式投資と取引方法はほぼ同じで、ネットを利用して売買注文を行えます。

株式投資では、株価が上がらなければ売買差益を得ることができませんが、FXは上がっても、下がっても売買差益を得ることができます。

これは、証拠金を利用して各国の通貨を買うだけでなく、売ることもできるからです。

例えば1ドル=100円の時にドルを買い(ロング)、105円の時に売れば利益となります。

また、1ドル=100円の時にドルを売り(ショート)、95円の時に買えば利益となります。

このように、円高になっても、円安になっても利益を上げられる可能性があるのがFXの魅力です。



 FXが注目される要素に、「レバレッジ」というものがあります。

レバレッジを効かせることで、少額の証拠金でその数倍以上の外国為替取引を可能になります。

FXは、その特性をつかみ、リスク管理をすることができれば、自由にリスクとリターンをコントロールできるのができます。
最新記事
カテゴリー
カウンター
RSSリンクの表示
月時計-LunarDial-
前歯  足つぼ 図解
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。