It's the only NEET thing to do.

スポンサーサイト


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収益と損失


 



 FXで収益と損失の要因となるのが「為替差益」と「スワップポイント」です。

スワップポイントは長期投資の場合は重要になりますが、短期投資で考えるならばあまり考えなくてもよくなります。

短期投資で重要なのが「為替差益」です。



 「為替差益」を考えるときにはPips(ピップス)をどれだけプラスにできるかが肝要です。

Pipsとは取引で用いられる最小単位のことで、表示されているレートの一番小さいところにあたります。

円では1Pips=1銭となるので、1円=100Pipsです。

FXでは、「買い」「売り」によってPipsを稼いでいくことで為替差益を得ることができます。

例えば、1ドル=100円の時に1Lot(1万ドル)買い、1ドル=101円になった時に売れば100Pipsプラスになったことになります。

1万ドルの場合1Pipsが100円ですから、100Pipsで10000円のプラスになります。

取引通貨量を増やして、10Lotにした場合は1Pipsが1000円ですから、100Pipsで10万円のプラスになります。

基本は1lot(1万ドル)の1Pips100円として、どれだけPipsをプラスにするのか、取引量を増やして1Pipsあたりの収益を増やすかを考えます。

収益の逆は損失となりますから、Pipsがマイナスとなれば逆のことが生じます。

FX取引で100%の勝率はありえませんから、トータルでPipsをプラスにすることが重要となってきます。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
カテゴリー
カウンター
RSSリンクの表示
月時計-LunarDial-
前歯  足つぼ 図解
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。